逆光耐性が鬼レベルの高さ!K&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 552

レンズフィルター無しでは怖くてレンズに触れない・・・どうもこんばんは。rubyです。

K&F Conceptさんから16層マルチコートのレンズフィルターを提供していただきましたので、レビューしていきます。

今回は提供元のK&F Conceptの担当者さんが他社製品との比較をして欲しいと要望がありましたので、手持ちのレンズフィルターとの比較も行っていきます。

記事を読むのが面倒だ!という方は、記事をまとめた動画を作りましたので、どうぞご視聴ください。

K&F Conceptとは?

僕自身もこの会社の製品は使ったことがありませんでしたが、カメラ関連機材をアマゾンで探すと三脚などが目につきます。

公式HPによると、

K&F Conceptは、2011年に設立されました、デジタル一眼レフカメラアクセサリーの独立した研究開発、生産、販売を一体とする企業です。絶え間ない努力の年後、自社ブランド「K&F Concept」を作りました。

ずっと卓越性の製品品質や優良サービスを求め続けて、顧客の認識と信頼を得ました。製品はヨーロッパ、アメリカ、中国、東南アジア市場で大活躍しています。                     K&F Concept公式HPより

ということで、まだ創設から6年程度のかなり新しい企業であることがわかります。

ネットで評判を調べてみても、【過剰な価格競争に参加せず、しっかりとした製品を比較的低価格で提供する会社】というConceptのようですから、僕個人としては素晴らしいConceptだと思います。

安かろう悪かろうの時代はすでに去り、カメラ以外のジャンルでも、モバイルバッテリーで有名なAnkerのように『そこそこの低価格でしっかりとした製品』を提供する会社がトレンドだと感じます。

そういう意味ではK&FConceptはモバイルバッテリー界で言うとところのAnkerと同じ座を狙っているのかもしれません。

 

K&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】 開封の儀

製品は内側がエアキャップとなっている包装紙に包まれて届きます。

 

製品が収納されている外箱ですね。

 

 

珍しいと思ったのは、フィルターのケースですね。今まで購入したものは大抵色んなサイズが収納可能な汎用品だったのですが、K&FConceptのものは、そのサイズのフィルターにしか使えない専用品ですね。

 

ケースにまでメーカーロゴが彫られていますね。かなりこだわりの仕様のようです。

 

 

「満足?」\(^o^)/というのは、アップル製品で言うところの「Happy?」でしょうか。

同じような意味でも言語が違うと異なる印象を受けるのが面白い。

性能が良ければ『満足(^o^)!!』ですが、果たして如何ほどの実力なのか?!

 

 

それでは早速フィルター本体を見ていきましょう。

公式ページでも「超薄型」と謳っているだけあり、かなりフィルターは薄いと思います。

 

 

僕が今まで使っていたRowaJAPANの薄型フィルターと並べてみました。

ご覧の通りK&FConceptのほうが見た瞬間に薄いです。

 

 

これが16層マルチコーティング。

記事の終盤ではゴースト耐性などの実験をますので、是非とも御覧ください。

K&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】 レンズへ装着

早速手持ちのEF-S18-55mmに取り付けていきます。

薄型フィルターはその薄さ故に取り付けにくいのが難点。指紋がつかないよう注意して取り付けます。

 

 

はい、取り付け完了。

やはり薄型だけに取り付けた際の後づけ感がほとんどありません。

 

 

一眼レフに取り付けてみました。

うん、いい感じですね。

以前使っていたKenkoのPro1Dプロテクターも薄かったですが、K&FConceptのMRC UVフィルター【Nano-X】は、それよりもほんの気持ち程度ですが、さらに薄い印象を受けます。

K&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】 ゴースト・フレア耐性テスト

それではレンズフィルターに最も期待されている性能である逆光耐性について検証していきます。

レンズ保護フィルターは、レンズの防御力を上げる対価として、一般的には逆光耐性が低下します。

僕は個人的にはゴースト・フレアが出やすい環境で撮影する機械は少ないのですが、今回はテストということで敢えて強い光源を入れて撮影してみました。

まず比較するフィルターは↓の3つ(左からメーカー不明赤フィルター、K&FConcept、ROWA)です。これにフィルターなしの作例を含めて4つを比較していきます。

 

それでは早速結果発表!

※画像をクリックすると拡大できるので、是非ともご覧いただきたい。

僕自身もドキドキする検証だったのですが、K&FConceptの圧勝でした。

フィルターなしの状態に肉薄するレベルのゴースト・フレアの少なさで、メーカーさんが自信を持って他社製品と比較して欲しいと言ってきたのがよくわかります。

まとめ K&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】

いかがだったでしょうか。満足していただけたでしょうか(笑)

逆光耐性の高さは特筆すべきものがあるK&F Concept製MRC UVフィルター【Nano-X】。

僕自信も高性能フィルターは初めて使ったのですが、まさかここまで逆光性能に差が出るとは思ってもみませんでした。

価格としてはKenkoのPro1DとZetaのちょうど中間くらいですが、これほどの性能であれば価格以上の価値があるといえるのではないでしょうか。

また、フィルター自体も薄枠であるため広角レンズにも対応しています。

K&F ConceptのMRC UVフィルター【Nano-X】、是非とも一度使ってみてはいかがでしょうか。

K&F ConceptのMRC UVフィルター【Nano-X】(公式サイト)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です