搾乳器での母乳搾り【オススメの搾乳器と使い方】

sakunyu

※この記事は知人のママさんに書いてもらった記事です。

出産には必需品の搾乳機!でも最近では完全母乳で育てるお母さんも多いので、必要ないなんて言う方も多いでしょう。

でも搾乳機って母乳をしぼって赤ちゃんにあげるためだけのものじゃないんです。活用方法はいろいろあるので、出産前には絶対に買っておくべきだと私は思います。

また、赤ちゃんが生まれてからでも1歳くらいまでは持っていたほうが良いアイテムです。どうして必要なのか・・・?今回は搾乳機についてご紹介します。

ちなみに母乳の出が悪くて困っているのであれば、母乳の出を良くし、授乳に苦労しているお母さんの疲れを癒やしてくれる授乳の泉をためしてみるといいと思います。


スポンサーリンク

搾乳機が必要になる様々な場面

・赤ちゃんの数値からが強くって乳首が切れてしまい痛む
・高熱が出る乳腺炎になった、母乳と一緒に膿が出る
・胸が張りすぎて痛むけど、赤ちゃんが母乳を飲んでくれない、または飲むタイミングじゃない
・子供の哺乳力が弱いからどうしても母乳が余って仕方がない、赤ちゃんの栄養不足
・子供が入院したときにつきっきりで看病することができない
・直母ができずに困っている、ニップルを使っても吸ってくれない赤ちゃんに

搾乳機のメリット・デメリット

搾乳機を使うメリット

張りやすく飲み残されて痛む時や直母で飲む量が少ない時期など搾乳することでまとまった量を飲ませてあげることができます。飲んだ量が把握しやすいですし、おっぱいの、つまり防止になります(乳腺炎予防)。

搾乳機を使うデメリット

哺乳瓶の様に毎回、洗浄と消毒をしなければならないのが面倒ですね。毎回、搾乳機ばかりで絞っていると母乳が出なくなる可能性もあります。※子供に直接吸ってもらうことで元のように出始める方もいます

授乳の度に、毎回搾乳機で絞っていると両方絞って早くても20分程の時間を使うと思います。そのあとに洗って、消毒をするとなると結構な時間を使う事になりますし、搾乳機だからって痛くないわけじゃありません。

母乳を冷凍される場合は、冷凍パックなどコストがかかりますし、外出先で使いにくいですね。

入院などピンチな時に大活躍!

搾乳機は色々な場面で大活躍します。

私の娘は、新生児の時期に1週間程入院したことがあります。

母乳育児だったため病院の方から、母乳を持ってきて下さいとのこと。そこで大活躍したのが搾乳機でした。自分で母乳を絞るのは出産後のお母さんには重労働です。上手く絞れなかったり、腕が痛くなったり、おっぱいが痛くなったりしますがそこは手絞りで搾乳機を使って何とかしのぎました。

手で絞ると哺乳瓶の半分の量にもならなかった母乳が搾乳機で絞ると哺乳瓶1本半出ました。初めて搾乳機を使った時は本当に感激しましたね。

他にも乳腺炎になった時も搾乳機にはお世話になりました。乳腺炎になると、痛みはもちろんのこと40度近い熱が出る場合もあります。

炎症が起きているときに放置したままにするのはおすすめできません…。炎症がひどくなってしまったり他の乳腺まで圧迫してしまいしこりが大きくなったり痛みが増してしまったりします。

授乳後、おっぱいに残った分は搾乳機で絞って冷蔵したり冷凍パックに入れて冷凍したり場合によっては処分したりしていました。

電動・手動のどちらが良い?

私は、手動の搾乳機を使っていましたがやはり、最後の方は腕が疲れてだるくなりましたね。休憩しつつ搾乳というサイクルを繰り返していました。

その一方、電動の搾乳機はどうでしょう。

電動ということもあり「疲れる」といった負担は少ないと思います。電動、手動どちらが使い勝手が良いと思うかは人それぞれだと思います。

電動の搾乳機の場合腕は疲れませんが音が大きく赤ちゃんが驚いてしまうかもしれません。電動の場合、部品も増えるので手動に比べ洗う量も増えます。

手動だと手加減が出来るけど、電動はできないから痛いという声もありました。

メーカーによっては、まだ静かな物もあると思いますが自分で力加減もしにくく、「ブイーン」といった音がします。神経質な赤ちゃんだと起きてしまうかもしれませんね。

手動は、自分で強さを加減することが出来ます。

強く搾乳してみたり弱めに搾乳してみたり。強く搾乳すると、母乳が勢いよく出て早く搾乳できますが強く搾乳し続けると痛くなったりします。

その時は、力を加減して弱く吸ったりと自分のおっぱいの状況に合わせて調節できます。

おすすめの搾乳器

搾乳機はいま色々なメーカーからも出ておりどれを買ったら良いのか電動の搾乳機か手動の搾乳機か迷う事もあります。必要性もいまいちわからないかもしれませんが、私は上記に挙げているメーカーを使っていました。

「自分の負担も、赤ちゃんの負担も減らせるなら」と思い、電動と手動を両方使用してみて自分が良いと思う方が私は、手動の搾乳機でした。

母乳を最初は上手く飲めない子お母さんの乳首の形によっては飲みやすさ飲みにくさもあると思います。

上手く飲ませてあげることができずにイライラ…赤ちゃんも飲みにくくてお腹がいっぱいにならなくてぐずぐず…なんてことも、多々あります。

誰もが、楽しい育児ライフを送りたいと思っています。

楽しい育児ライフを送る為にお母さんも赤ちゃんもストレスのない授乳時期を過ごすためにも搾乳機を活用するのも良いですよ。

産院や母乳外来によっては搾乳機を使わせてくれる所もありますが全く使わせてくれないところもあります。
そこで、自分に合う搾乳機を見つけることも1つの手段ですよね。

私は初めから搾乳機とミルトンを持参していましたが。搾乳機を使ってみたいと思っておられる方は1度、産院や母乳外来に相談されるのも良いと思います。

「母乳がいい」「直接がいい」「ミルクにしたらいい」いろんな意見ありますけど、左右されずに楽に授乳できるグッズを使って、あなたの素敵な育て方で育ててあげてくださいね。

この記事で紹介しているグッズ

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です