Samsung Galaxy S9+のカメラを解説!(画質・性能・スペック・評判まとめ)

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 46

この記事ではSamsung Galaxy S9+のカメラについて解説します。

 

Samsung Galaxy S9+のスペック・性能

※スマホで閲覧する場合、横画面で閲覧すると表がきちんと表示されます。

機種名総合評価画素数 F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能
Samsung
Galaxy S9+
1200万(広角)
800万(前面)
F1.5(広角)
F2.4(望遠)
F1.7(前面)
?mm(広角)
?mm(望遠)
25mm(前面)
光学式(広角/望遠)
2倍(光学)
?倍(デジタル)
対応4K60pIP68
備考【センサー】1/2.55型
1/3.6型
可変式調査中スローモーション
960p
評点9.56点8点9.5点10点(仮)9点10点10点10点10点
スポンサーリンク

Samsung Galaxy S9+のカメラ特徴

○良いところ
  1. 望遠レンズは遠くのものを大きく写せるだけではなく、歪みの小さい写真を撮影できる
  2. F1.5という高性能レンズのおかげで暗い場所はもちろん、動きの速い被写体もブレを抑えて撮影できる
  3. スローモーションが960fpsで撮影できるため、映像表現の幅が広がる
  4. ヌルヌル画質の4K動画が撮影できる(4K60p)
  5. マルチフレームノイズリダクション搭載で、動きのない風景などであれば、暗所でも綺麗に撮影できる
×惜しいところ
  1. F1.5での撮影モードが暗い場所でしか使えない(ボケ感を出しにくい)

Samsung Galaxy S9+のカメラは、控えめに言っても最高クラスのカメラだと思います。

特に売りにしている「F1.5」については、一眼レフのレンズでも同クラスのレンズは高性能レンズとしてかなり値が張ります。

スマホのカメラは、そのボディサイズから大きなイメージセンサーを搭載しにくいため、写真の画質を向上させるためにはF値の小さいレンズを搭載するか、高性能な画像処理エンジンを採用しなければなりません。

なお、スマホの画像処理エンジンは基本的に殆ど情報が出回っていませんが、SoCが優秀なGalaxy S9+であれば、画像処理も優秀であることが想定され、結果として良画質を実現していると思います。

レンズについてはダブルレンズ搭載で、「広角」と「望遠」の2種類です。最近この組み合わせが増えてきましたね。僕自身もダブルレンズ搭載スマホ、iPhone7Plusを使っているので、この便利さはよくわかります。

ツイッターでの評判

ruby
ブルーがめちゃめちゃキレイ

ruby
料理はかなりパッキリとした色がでるようですね

ruby
撮影モードが不明ですが、HuaweiのP20Proよりもノイズが明らかに少ないですね。これがF1.5の力なのか

ruby
スペック的にもほぼパーフェクトです

【まとめ】Samsung Galaxy S9+のカメラ

最高峰のスマホカメラを手に入れたい!と思うなら文句なくおすすめできそうです。

すべてのスペックが超高レベルとなっていますので、倍率の高いズームが必要なシーンを除いて、ほぼ完璧にこなしてくれるでしょう。

現状国内キャリアでは販売されておりませんので、SIMフリー版をAmazon等で購入するのが最短の入手方法となります。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です