写真の出来栄えは一眼レフが最も良いのか?

cannon-698775_640

写真の出来栄えが一番いいのが一眼レフなのか?という質問が知恵袋に投稿されていました。

一眼レフはあの大きなカメラボディがいかにもいい写真が撮れるように錯覚してしまいそうになりますが、実際写真の出来栄えのみを求めるのであれば、「一眼レフだから出来栄え(画質)がいい」という考えは少し違います。


スポンサーリンク

一眼レフはセンサーサイズが大きく、大きなレンズを使っているから画質がいいのです

一眼レフが一般的に画質が良いとされているのは、一眼レフだから・・・ではなくセンサーサイズが大きいカメラと、性能の良いレンズを使っているからなのです。

特にセンサーサイズは、その大きさが画質の良さに直結しており、どんなに高性能なレンズであっても、コンデジでは一眼レフには通常勝てません。

よって、大きなセンサーを積んでさえいれば、別に一眼レフタイプのカメラを買わなくても、画質は一眼レフと同等になります。

たとえば、一眼レフの7DMark2というカメラがありますが、そのカメラボディはとても大きく重いものです。一方で、RICOHのGRというコンパクトデジカメがあります。重さも大きさも価格も数倍の違い(いずれも7Dが上)がありますが、画質は基本的に同等です。なぜならセンサーサイズが同一だからです。

【参考】

Canon EOS 7DMark2(楽天市場)

RICOH GR(楽天市場)

まとめ 写真の出来栄えを重視するなら一眼レフが全てではない

一眼レフは画質がいいのは間違いありません。ただ、同じレベルの画質を誇るカメラも他にもたくさんあるということです。

一眼レフでなければならない場合というのは、主に動く被写体を撮る場合です。一眼レフの最大のメリットは画質よりも動き物に対するオートフォーカスを合わせる性能が他のカメラよりも飛び抜けて高いため、そういう被写体をメインに撮りたい場合はやはり一眼レフが良いでしょう。

逆に動き物を撮らないのであれば、一眼レフを選ぶ理由は意外とないかもしれません。一眼レフはレンズの種類が豊富というメリットはありますが、今は各社レンズラインナップも揃ってきているので、それほど気にする必要もありません。

一般的な一眼レフの画質(出来栄え)でいいのであれば、現在はミラーレスのほうをオススメします。私も激しい動きものを撮るシーンが殆ど無いため、今は一眼レフを全てミラーレスに入れ替えてしまいました。

私のおすすめしているミラーレスについては、過去に記事を書いてますので、興味があればそちらを御覧ください。

[my_thumb url=”http://ruby-log.com/a6000-review-9month/” width=”150″] α6000レビュー(9ヶ月使用して思ったこと) | rubylog

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です