【2018最強スマホカメラ】スペック比較表(画素数・F値・画角・手ぶれ補正・ズーム・背景ぼかし・4K・防水性能)

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 859

スマホカメラのスペックを一覧にした比較表を作りました。

スマートフォンのカメラの細かな性能については、きっちり比較しているサイトはほとんどありません。

機種選びの参考になれば幸いです。

なお、用途別のスマホカメラの選び方は別記事でまとめております。

格安スマホ最安値も調査済み

スポンサーリンク

スペック表を見て、自分に合ったカメラがついたスマホを選んでみよう

【H30.5.21更新しました】

※スマホで閲覧する場合、横表示により見やすくなります。

 機種名総合評価画素数   F値   画角
(35mm版換算)
手ぶれ補正ズーム背景ぼかし動画防水性能その他
Huawei
honor 9
7.5点
(内訳)
1200万(広角)
2000万(広角)
800万(前面)
F2.2(広角)
F2.0(前面)
27mm(広角)
電子式2倍(デジタルハイブリッド)対応4K30p非対応
Huawei
nova lite2
7.25点
(内訳)
1300万(広角)
200万(広角)
800万(前面)
F2.2(広角)
F?(前面)
26mm(広角)電子式倍率不明
(デジタル)
対応1080p
30fps
非対応
Huawei
P20 lite
詳細記事
7.25点
(内訳)
1600万(広角1)
200万(広角2)
1600万(前面)
F2.2(広角1)
F2.4(広角2)
F2(前面)
?mm(広角)
電子式 ?倍(デジタル) 対応 調査中 非対応
Huawei
P10 Plus
詳細記事
8.125点1200万(広角)
2000万(広角)
800万(前面)
F1.8(広角)
F1.9(前面)
27mm(広角)光学式(広角)2倍(デジタル)対応4K
Huawei
nova 2
詳細記事
8.125点
(内訳)
1200万(広角)
800万(望遠)
2000万(前面)
F1.8(広角)
F2.4(望遠)
F2.0(前面)
27mm(広角)
54mm(望遠)
電子式2倍(光学)対応4K非対応
SHARP
AQUOS R2
8.56点(内訳)2260万(静止画用)
1600万(動画用)
1630万(前面)
F1.9(静止画用)
F2.4(動画用)
22mm(静止画用)
19mm(動画用)
22mm?(前面)
光学式(静止画用)
電子式(動画用)
調査中対応4K?pIPX8
IP6X
ASUS
ZenFone4
8.625点(内訳)1200万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
RAW対応
IMX362
1/2.55型センサー
0.03秒像面位相差AF
F1.8(広角)
F2.2(超広角)
F2(前面)
25mm(広角)
13mm(超広角)
24mm(前面)
4軸光学式

3軸デジタル併用(広角)
2倍(光学)
10倍(ハイブリッド)
対応4K30p非対応
Huawei
Mate10 Pro
8.625点
(内訳)
1200万(広角)
800万(前面)
F1.6(広角)28mm(広角)光学式(広角)2倍(ハイブリッド)対応4K30pIP67
ASUS
ZenFone
Zoom S
ZE553KL
8.68点
(内訳)
1200万(広角)
1200万(望遠)
1300万(前面)
F1.7(広角)
F2.6?(望遠)
F2.0(前面)
25mm(広角)
59mm(望遠)
4軸光学式(広角)
3軸電子式(広角)
補正無(望遠)
2.3倍(光学)
12倍(デジタル)
対応4K30p非対応像面位相差
Apple
iPhone7Plus
9.0点1200万(広角)
700万(前面)
F1.8(広角)
F2.8(望遠)
28mm(広角)
57mm(望遠)
光学式(広角)2倍(光学)
10倍(デジタル)
対応4K30p IP67
Samsung
Galaxy Note8
9.25点1200万(広角)
1200万(望遠)
800万(前面)
F1.7(広角)
F2.4(望遠)
F1.7(前面)
27mm(広角)
50mm(望遠)
26mm(前面)
光学式(広角/望遠)10倍(デジタル)対応4K30pIP68
Apple
iPhoneX
詳細記事
9.25点
(内訳)
1200万(広角)
1200万(望遠)
700万(前面)
F1.8(広角)
F2.4(望遠)
F2.2(前面)
28mm(広角)
57mm(望遠)
?mm(前面)
光学式(広角/望遠)
デジタル式(前面)
2倍(光学)
10倍(デジタル)
対応4K60pIP67
Samsung
Galaxy S9+
詳細記事
9.56点
(内訳)
1200万(広角)
800万(前面)
F1.5(広角)
F2.4(望遠)
F1.7(前面)
?mm(広角)
?mm(望遠)
25mm(前面)
光学式(広角/望遠)2倍(光学)
デジタル
対応4K60p IP68
Huawei
P20 Pro
詳細記事
9.375点
(内訳)
4000万(広角)
2000万(広角)
800万(望遠)
2400万(前面)
F1.8(広角)
F1.6(広角)
F2.4(望遠)
F2.0(前面)
27mm(広角)
80mm(望遠)
光学式(広角/望遠)
3倍(光学式)
5倍(ハイブリッド)
対応4KIP67
ASUS
ZenFone
Max Plus
評価中1600万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
F2.0(広角)
F?(超広角)
F2.2(前面)
13mm(超広角)
電子式?倍(光学)対応1080p
30fps
非対応
富士通
arrows M04
評価中1310万(広角)
500万(前面)
F2.0(広角)
22mm(広角)
23mm(前面)
電子式倍率不明
(デジタル)
非対応?調査中IPX5/IPX8
IP6X
Huawei
P10 lite
評価中1200万(広角)
800万(前面)
F2.2(広角)
F2.0(前面)
26mm(広角)
?mm(前面)
電子式倍率不明
(デジタル)
対応1080p
非対応
ASUS
ZenFone 4
Selfie
評価中1600万(広角)
2000万(前面1)
800万(前面2)
前面LED搭載
調査中13mm(前面2)
調査中倍率不明
(デジタル)
対応調査中調査中
ASUS
ZenFone4
Pro
ZS551KL
評価中1200万(広角)
1600万(望遠)
800万(前面)
F1.7(広角)
F2.6(望遠)
F1.9(前面)
25mm(広角)
59mm(望遠)
24mm(前面)
光学式(広角/望遠)2倍(光学)
10倍(デジタル)
対応4K30p非対応画素ピッチ1.4μm
1/2.55インチ
Sony IMX362センサー
ASUS
ZenFone 4
MAX
ZC520KL
評価中1300万(広角)
500万(超広角)
800万(前面)
F2.0(広角)
F?(超広角)
F2.2(前面)
25mm(広角)
12mm(超広角)
24mm(前面)
電子式 2倍(光学)
デジタル
対応1080p
30fps
非対応
Huawei
P20
評価中1200万(広角1)
2000万(広角2)
2400万(前面)
F1.8 (広角1)
F1.6(広角2)
F2.0(前面)
調査中調査中調査中調査中調査中調査中
SHARP
AQUOS R
compact
SH-M06
評価中1640万(広角)
800万(前面)
F2.2 (広角)
25mm(広角)
23mm(前面)
電子式倍率不明
(デジタル)
調査中4K?pIP65/68
Huawei
Mate10 lite
評価中1600万(広角1)
200万(広角2)
1300万(前面1)
200万(前面2)
調査中調査中電子式調査中対応調査中非対応
ASUS
ZenFone 4
Selfie Pro
評価中1600万(広角)
2400万(前面1)
500万(前面2)
F?(広角)
F1.8(前面1)
F?(前面2)
26mm(広角)
25mm(前面1)
12mm(前面2)
電子式2倍(光学)
※インカメラ
4K30p非対応

採点基準

採点要素
  1. 高画素か(2000万画素以上で10点)
  2. F値が小さく明るいレンズを搭載しているか(F1.4=10点、F1.6=9点・・・・)
  3. 極端な焦点距離のレンズを搭載していないか(24〜28mmで10点、それ以外は1mm外れるごとに-1点)
  4. 手ぶれ補正は光学式を搭載しているか(一般的な光学式で8点、デジタル補正で6点)
  5. ズームを搭載しているか(光学ズーム採用で10点、一般的なデジタル補正で6点)
  6. 背景ぼかし機能が搭載されているか(搭載されていれば10点、されていなければ5点)
  7. 動画はどの画質まで対応しているか(4K60pで10点、4K30pで9点・・・・)
  8. 防水性能が持たされているか(IP68で10点、IP67で9点・・・・)

の8点をカメラのスペックから評点します。

総合評価は各項目(10点満点)の平均点を採用し、詳細が不明な項目は採点に加味しないこととします。(情報お持ちの方は提供いただけると助かります)

また、基本項目以外にも良画質が期待される事項がある場合は、ブログ管理人の裁量で加点要素とする場合があります。

あくまでスペック上の性能となりますので、実際の画質については、使用者のスキルや、シーンによって変動します。

搭載機種は随時追加していきます。

どういった被写体をメインに撮影したいのか、目的により選ぶべきスマートフォンは変わってきますが、基本スペックが高いに越したことはありませんので、機種選びの参考になれば幸いです。

画素数の見方

画素数は大きければ大きいほど、大きな写真用紙に印刷する際に有利になります。

逆に大きな写真用紙に印刷する目的がなく、L判、2L判程度でしか印刷しないのであれば、画素数を気にする必要はありません。

また、画素数に比例して画像サイズが大きくなるので、その点についても注意が必要です。

F値の見方

F値は数字が小さければ小さいほど性能が高いレンズを搭載していると考えて良いと思います。

↓のようなシーンが多い人はF1台のスマホを選んだほうが幸せになれる可能性が高くなります。

  • 暗い場所(室内など)で撮影する機会が多い人
  • 少しでも背景がボケた写真を撮りたい人

画角の見方

画角は写る範囲を示す数値となります。

  • 画角の数値は、大きければ大きいほど、写る範囲が狭く、画像が歪まない
  • 画角の数値は、小さければ小さいほど、写る範囲が広く、画像の端が歪む

という特徴をもっておりますので、一般的には、

  • 広大な風景をメインに撮影したいなら画角の狭い(数値の小さい)機種
  • 人物がメインであれば、24〜28mm前後の画角の機種
  • 特定の被写体を際立たせるような写真を撮りたいなら、なるべく数値の大きい機種

・・・を選ぶと良いと思います。

万能なカメラを搭載したスマートフォンは存在しないので、目的をしっかり意識しておくと良いでしょう。

手ぶれ補正の見方

手ぶれ補正は「光学式」と呼ばれるものが一般的には高性能です。

ただし、手ぶれ補正が有効なのは止まっている被写体(風景やモノ、撮影時に静止できるくらいの年齢の人間)に限る話で、静止するのが難しい赤ちゃんや、小さい子どもなどの場合は、手ぶれ補正よりもF値が小さいレンズを搭載したスマホの方が、キレイな写真が撮れる可能性は高くなります。

ズーム倍率の見方

スマホカメラのズームは、一般的にはデジタルズームと呼ばれる、画質が劣化するタイプのズーム方式となっています。

ただし、中には画質が劣化しない【光学ズーム】という機構を搭載したスマートフォンも存在するので、どうしてもズームが欲しいということであれば、光学ズームが搭載された機種を選びましょう。

なお、特殊なズーム方式により、【デジタルズーム以上光学ズーム以下】のズームができる機種もあります。

背景ぼかし

一眼レフで撮影したような美しい背景ボケをソフトウェア処理により表現する機能です。

わざわざ重たい一眼レフを持ち出さなくても、被写体を浮かび上がらせるような感動的な写真を撮影することが出来ます。

4K動画の見方

4K動画は通常は使うことが無いと思いますが、スマートフォンのカメラで映像作品づくりなどをやってみたい方には、4K対応のカメラを搭載している機種を選ぶのもありだと思います。

現時点ではスマートフォンの液晶自体がフルHDまでのものがほとんどなので、一般的には4K対応については気にする必要はないと思います。

防水性能の見方

カメラを積極的に使いたい場合は屋外での使用を想定してある程度の防水性能があったほうがいいと思います。もちろん屋内派の人は気にする必要はないでしょう。

IP◯◯というのが防塵防滴の規格表示となっているので、IP◯4以上であれば小雨程度は問題ないと思います。

搭載機種は随時追加していきます。

rubylogで調査した格安スマホ最安値はこちら↓

更新履歴&プチ感想

H30.5.21 Huawei honor 9 追加

1万円台で投げ売り中のHuawei honor 9を追加しました。

Antutu15万点を超えるハイエンドスペック端末なのに、何故かカメラは普通レベルと不思議なスマートフォン。

H30.5.18 SHARP AQUOS R2 SH-03K 追加

僕が知る限り史上初の静止画・動画独立式カメラ搭載スマートフォン。

SnapDragon845搭載で超パワフル。ゲームも動画編集もなんでもできそうです。

日本製なのでおサイフケータイ付きなのは地味にポイント高い。

H30.5.17 ASUS ZenFone Zoom S 追加

価格はミドル帯、でもカメラ性能はハイエンドレベル!

カメラさえ良ければいい!という方には最高のスマートフォンです。

H30.5.13 ASUS ZenFone4 Pro ZS551KL 追加

H30.5.13 SHARP AQUOS R2 追加

H30.5.13 ASUS ZenFone 4 MAX ZC520KL 追加

H30.5.13 SHARP AQUOS R compact SH-M06 追加

H30.5.13 富士通 arrows M04 追加

H30.5.13 Huawei P20 追加

H30.5.13 Huawei Mate10 lite 追加

H30.5.13 Huawei P20 lite 追加

H30.5.13 ASUS ZenFone Zoom S ZE553KL 追加

H30.5.13 Huawei P10 lite 追加

H30.5.13 ASUS ZenFone4 selfie Pro 追加

H30.5.13 ASUS ZenFone Max Plus 追加

H30.5.13 ASUS ZenFone4 selfie 追加

H30.4.25 Samsung Galaxy S9+ 追加

Huawei P20 Proを抜いて1位になりました。

あらゆる項目でトップクラスの評点です。

H30.4.25 一覧表に評点項目を追加

より比較を行いやすいよう、ブログ管理人が一眼レフで培った経験を元に評点してみました。

あくまでスペック上の評点ですので、実写と一致するものではないことはご理解ください。

H30.4.22 Huawei nova 2 追加

UQモバイルのみの取扱ですが購入サポートを使えば実質1万円ちょっとで購入できてしまう端末です。

広角&望遠レンズ搭載でカメラを重視するスマホとしてはコスパは最強。

H30.4.22 Huawei P20 Pro 追加

スマホカメラとしては敵なし最強のスマホ。

1/1.7型センサーは本来デジカメに搭載されているもので、これをスマホに搭載した技術に敬服したいくらい。

H30.4.22 Huawei P10 Plus 追加

HuaweiのPシリーズ(lite除く)はライカレンズを搭載しているので、画質には一定の基準が必要となるはず。

カメラ自体もハイスペックで、CPUもハイエンド搭載。これで5万円台ですから、Appleブランドに拘らなければHuaweiのコスパは驚異的だと思います。

H304.8 Samsung GalaxyNote8 追加

以前記事にしたことがあるので、詳細は省きます。

望遠レンズにも光学式手ぶれ補正があるのはやはり便利だと思います。

これでiPhone8Plus並の最大撮影倍率があれば、マクロ的な使い方ができるので、かなりいいですね。

ただ、センサーサイズが広角カメラよりもかなり小さいため、画質は落ちるかもしれません。

H30.3.19 Huawei P10 lite 追加

シングルカメラながら像面位相差オートフォーカスにも対応しているので、廉価スマホとしてはかなり優秀だと思います。

F値がメインカメラでF2.2なのが惜しいですね。

防水や、4K動画には非対応なので、カメラメインで選びたい方には不向きかと。。

H30.3.18 One Plus 5T 追加

デュアルレンズが望遠ではない&光学手ブレ補正が無いのには驚いた。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です