実際の依頼者が語る在宅ワーク@SOHOでの志望動機の書き方

job-interview-156130_640

@SOHOに限らない話ですが、ネットでお仕事を探す際には、志望動機というのが合否に非常に大きな影響を与えます。これは、実際に@SOHOで依頼を出したことのある私自身が考えていることであり、志望動機が今ひとつだと採用を見送るケースは非常に多いです。

本当はすごく優秀な人なのに、動機の書き方が今ひとつという理由で不合格になるのは非常にもったいないことです。

そういうわけで、今回は依頼者目線で志望動機にこう書かれていたら採用になりやすいぞ!という書き方を紹介します。


スポンサーリンク

SOHOで応募する際の志望動機の書き方

スクリーンショット 2014-12-05 22.42.12

志望動機を書く際には、嘘は書けませんが、書かないほうがいい情報などもあります。また、砕けすぎるのもNGですので、正直に、素直に、余計なことを書かないことを心がけ、プラスに働きそうな事項を厳選して記載していきます。

今すぐお金がほしいようなことは書いてはいけない

clock-77497_640

これは、応募する側の実情を素直に書いているということになると思いますが、これは書かないほうがいいです。私は仕事を依頼する側も経験しているので、そちらの目線で考えると、今すぐ稼がなければいけない!と応募動機に書かれると、「めんどくさそうだ」っていう第一印象を持ってしまいます。

よく考えてみてください。まだ実際にどのようなレベルで仕事をこなしてくれるのかもわからない人に、そんなことを言われても、採用する側はそこまで相手の実情を理解する義務はありません。慈善事業でお仕事を依頼しようと言う方ならそれも受け止めてくれるかもしれませんが、大半は、普通の事業者であり、面倒なことになりそうな人を敢えて採用する必要はないのですね。

以上の理由からお金が今すぐ欲しい旨の発言は絶対に控えましょう。

あまり作業時間がとれない旨の発言もNG

これは、言い方の問題なのですが、「子どもがいるので仕事の時間があまり取れないかもしれませんが、出来る限り頑張ります!」っていう書き方をしてはいけません。

これはどういうことかというと、依頼を出す側も子育て中の主婦層をターゲットに募集をかけていることが多いので、応募者が日中ずっと作業できるとは思っていません。大概の募集内容にも、「主婦歓迎」と書いているくらいですので、「子どもがいるから仕事ができないこともある」という内容の発言は控えましょう。

実際@SOHOで応募してくる女性のかたは大概が主婦です。小さい子どもがいるから外に働きに行けない方が、在宅ワークを求めてやってきます。よって、動機に作業時間にかかる事項を書く場合は、以下のように書くとよいでしょう。

「小さな子供がいますが、作業時間としては1日合計3時間以上は確保できます!」

こうすることで、子どもがいることをアピールしつつ、でも必要な時間は確保できますよ!っていうことを依頼者に好意的に伝えることができます。

自分の持ち味は、さり気なくスマートにアピールする

font-446667_640

動機にはある程度の自己アピールが必要です。

なぜなら、他の応募者は自己アピールをしているからです。依頼の中には、動機の記載を要しないとする依頼者もいます。しかし、動機を書かなくてもいいからといって本当に書かないと、他の応募者に遅れを取ります。依頼する側は、そういう部分も含めて応募者を試していると思ったほうがいいです。

実際私が依頼者なら、仮に志望動機の欄を設けなくてもアピールしてくる方と、ひな形通り、アピールしてこないの両方がいたら、内容にもよりますが、アピールしてきた人を採用します。

とはいえ、アピールはなんでもいいからすればいいというものでもなく、主張しすぎず、でも控えめになりすぎず、といったバランスの良いアピールがもっとも効果的です。

例えば、海外通販系のサイトであれば、英語力が求められる場合、

「英語はすごく得意です。英検1級も持っているので、必ず貴方のお役に立てると思います!」

こんな書き方は、正直微妙です。何故かと言うと、主張が強すぎて、逆に信憑性がないからです。本当に英検の合格証でも提示できればいいかもしれませんが、応募の際に画像を送付するような機能はありませんので、確かめようもありません。受かりたいから、少し盛って書いてるんじゃないかと逆に疑われてしまいます。

印象の良い書き方はこのように書きます。

「海外通販系のサイトということで、英語を正確に読める必要があると思います。英語は過去に英検の1級を取得したこともあるので、海外サイトでも問題なく作業に取り掛かれると思っています。」

どうでしょうか?上の2つの動機の書き方だったら、どちらが好印象を持ちますか?

圧倒的に後者だと思います。資格のこともさり気なく、そして、文章自体が客観的な目線で書いています。自分の主張のみを書くようなことはしていません。

このように、嫌味がなく、スマートなアピールができれば、依頼者にとてもよい印象を持たせることが出来ます。

@SOHOでの志望動機の書き方まとめ

志望動機は、自分のアピールポイントをスマートに、そして、NGな文章を書かないように心がけることで、合格率は確実に上がります。

どんなにやる気や能力があっても、応募の文章が雑だったり、自己主張ばかりだったりすると、依頼者は、採用してくれません。文章にはその人の性格が宿るからです。ファーストコンタクトとなる志望動機が今ひとつだと、その人と今後一緒に仕事をしていく・・・ということを想像することは難しくなりますので、結果、不合格となります。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です