スタジオマリオで使っている撮影機材が富士フィルムのS5PROだった件

スクリーンショット 2015-02-19 01.09.48

私は写真が趣味ですが、子どもたちの記念撮影はやはりプロにお願いします。

理由は明白で、撮影環境が桁違いにすばらしいからですね。個人撮影では背景も綺麗に整理できませんし、衣装も持ち合わせていませんから、イベント事の記念撮影はプロのスタジオに頼らざるを得ないわけです。

私が利用しているのはカメラのキタムラ系列のスタジオマリオです。スタッフさんの雰囲気も良く、子どもたちもとてもリラックスしながら撮影に臨めるとても良いスタジオです。

前置きが長くなりましたが、今回のお話は、スタジオマリオで使用しているカメラの機種が何なのか?というお話です。

これまで何度もスタジオマリオにお邪魔しているのですが、カメラ好きの私がカメラ機材が何か確認しないわけもなく、機材に近づきカメラの機種を覗いて来ました。


スポンサーリンク

スタジオマリオの撮影機材は富士フィルムのFinePix S5 PRO

これには私もとても驚きました。まさかの富士フィルムです。

富士フィルムといえば私も現在メインで使用しているX-E2を販売している画質に特化したとても良いメーカーですが、S5というカメラはどうも心当たりがなかったので、少し調べてみました。

価格.comで調べたところ、S5PROは2007年発売の富士フィルムの一眼レフで、カメラボディ自体はNikonD200のものを流用し、センサーや画像エンジンを富士フィルム独自のものとしているものでした。

その評価は価格.com内でも最高クラスで、厳し目のレビュアーが多い価格.comにもかかわらず☆5つと非常に高評価を得ています。X-E2と同じような描写傾向のようなので、画質評価が高いのもうなずけますし、カメラボディ自体はNikon製なので、オートフォーカス性能も全く問題ないでしょう。

レンズはまさかのAF-S18-200の便利ズーム(笑)

これはさすがにどうかと思いますが、使用しているレンズはNikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G EDです。俗にいう便利ズームというやつです。

TAMRONやSIGMAに比べるとF値も小さく、描写性能もサードパーティ製よりは良いものと思いますが、「もう少しいいレンズ使えよな!レンズ代ケチってるのか?」と、正直思いました。

きちんとした理由があって便利ズームを使っている(・・・と思った)

当初感じた不満(?)も、撮影する現場を見れば何故そのレンズを使っているのかがわかりました。

スタジオマリオは、被写体との距離をかなり多めにとります。焦点距離は100~140mm(35mm換算150〜200mm程度)あたりを多用しているように思われます。つまり、24-70mmF2.8や、24-120mmF4などのナノクリレンズでは焦点距離が足りません。

おそらくこのくらいの距離感が最も被写体に対して自然なカメラ配置だとスタジオマリオでは考えているのでしょう。撮影時のF値も、もらった画像データを見る限りF8あたりを使用しており、照明環境が良好なプロスタジオならではの撮影スタイルだなと感じました。

まとめ

スタジオマリオのカメラ機材は富士フィルムです。

富士フィルムは私もお気に入りであり、このブログでも何度もその素晴らしさを語ってきましたが、大手撮影スタジオでも富士フィルムの画質は素晴らしいと感じているのでしょう。確かにRAW現像せずとも非常に良い色の出る富士フィルムのカメラは、プロ写真家ではないスタジオスタッフが撮影するにはもってこいだと思います。Jpeg撮って出しだけでOKですからね。

やはり富士フィルムは画質は最高だということでしょうか。私も富士ユーザーとして嬉しい限りですね。

是非これを読んでいるそこのあなたも富士フィルムユーザーになってみませんか?(笑)

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です