一眼レフユーザーが作る「Xperia Z3 SO-01G」カメラ性能の裏説明書

スクリーンショット 2015-05-10 23.21.45

ついに3記事目となりましたスマホカメラの裏説明書シリーズですが、今回はXperia Z3 SO-01Gのカメラ性能について書いていきます。

XPERIAはSONY製ということなので、デジカメブランドSONYの「サイバーショット」のDNAを受け継いだカメラを搭載しています。よって、カメラ性能だけは他社スマホに負けたくないでしょうから自ずと期待が持てますね。


スポンサーリンク

Xperia Z3 SO-01Gのカメラ性能 概要

ざっとメーカーHPを見る限りでは、スマホというよりもデジカメの商品説明を読んでいるような気分になります。

それくらい、サイバーショットで培った技術をふんだんに取り入れているということなのでしょう。カメラ好きな人には受けが良さそうです。

では、個別に見てきましょう。

なお、カメラ機能の評価は、一眼ユーザーの私が見た主観的なものになります。(10点満点)

搭載レンズのF値は2.0(★★★★7.5点)

Xperia Z3 SO-01Gのカメラに搭載されているレンズは、F2.0です。何故かメーカーHPにはF値の記載がありませんでしたが。。

iphone6/plusのF値2.2よりも小さく、Galaxy S6 edgeのF1.9よりは大きいということで、このレンズは高性能な部類に入ります。

なお、このレンズは焦点距離25mmということで、比較的広角を写すのに適したレンズが採用されています。

手振れ補正はデジタル式(★★★6.5点)

無印iphone6と同じ電子式の手振れ補正ですが、メーカー曰くハンディカムやサイバーショットで採用されている手振れ補正を応用したとのことなので、光学式手振れ補正に近い性能があるかもしれません。ただ、いずれにしてもデジタル補正ということで、光学式には敵わないと思います。よって6.5点としました。

画素数2070万画素(★★4.0点)

やり過ぎです。ソニーさん。

一眼レフの世界でも、画素数は少ないほうが画質は良いとされています。もっとも、大きく引き伸ばして印刷する場合は画素は多いほうがいいですけどね。

画素数が多いと何故画質が悪くなるのか・・・というと、カメラのセンサーのサイズが小さいままなのに対して、記録する画素数(ドット数)だけが多くなることによって、1画素あたりに割けるセンサー面積が小さくなるからです。専門的な話は割愛しますが、これはプロカメラマンでも同様のことを言っている人もいます。

用途によりますが、少なくともスマホのカメラで撮った写真をA3サイズとかにプリントする人などそうそういないでしょう。引き伸ばしをしないなら画素数は多ければ多いほど、画質には不利ですし、保存サイズも大きくなるので、いいことはほとんどありません。

まぁ、キャッチフレーズとしてはカッコいいですけどね。2000万画素カメラや!どや!って感じで。意味無いですけどね。

この辺りはAppleのiphoneを見習って欲しいところです。

付加機能(★★4.0点)

高感度ISO12800まで使える

ISO12800っていうのは、カメラのセンサーの感度のことで、この数字が大きければ高性能っていうわけではないのでご注意下さい。

ちなみにISO感度は撮影の環境に応じて自動的に変化し、周囲が暗い時などの悪条件下ではISO感度が自動で上がり、日中の屋外など撮影環境が良い所では下がります。

つまり、ISO感度は低ければ低いほど画質は良いということです。このXperia Z3 SO-01Gは最高でISO12800まで使えるということは、暗いところでもそれなりの明るさで撮れるということです。

よって、ISO12800まで使えるから画質がいいよ!っていうよりは、暗くても他のスマホよりも良く写りますよ!っていうことを示すために、敢えてISO12800まで使えることを誇示したのだと考えられます。

もっと簡単にいうならば、Xperia Z3 SO-01Gは暗所での撮影に強いということです。

【H28.9.25追記】
注)静止画はISO12800まででも、動画でもISO12800まで使えるかは不明ですのでご留意ください。

ソニーだから実現した三位一体カメラテクノロジー

ここでいう三位とは、

・高性能なレンズ(Gレンズ)

・高性能なセンサーexmor

・高性能な画像処理エンジンbionz

のことです。

SONYはカメラ製造メーカーでもあるから、デジカメ技術をフルに使ってこのスマホのカメラを作っているんですよっていうことを言っているようです。

ちなみに、レンズとセンサーと画像処理エンジンは、デジカメの基本中の基本なので、これを搭載していないスマホカメラは存在しません。

詳細を知りたい方は、Xperia Z3 SO-01Gのカメラ特集ページに詳細が載っていますので、ご覧になってみてください。

Xperia Z3 SO-01G 裏説明書 まとめ 

メーカーHPでも付加機能は全体的に少なく、あくまでカメラの基本性能で勝負!っていう印象が強いです。

私はソニー製のスマホは使ったことがありませんが、ソニーはパソコンやカメラなどデジタル家電の総合メーカーであり、非常に高度なノウハウをもっているはずです。

実際私が使っている一眼もソニー製α6000という最高のミラーレス一眼カメラなので、カメラ技術は素晴らしいものをもっているのは間違いありません。

ごちゃごちゃとした余計なカメラ機能はあまり持っていませんが、本来のデジカメの代用として使うことが出来るほどの基本的性能が高いカメラを搭載している(かもしれない)のが、このXperia Z3 SO-01Gというスマホですね。

Xperia Z3 SO-01G(楽天市場)

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ナナシ より:

    どこのサイトを見ても見つからなかったのですが動画撮影時でもISO12800での撮影が可能なのでしょうか?
    Sony Mobileに電話で問い合わせても仕様表以外のことは分からないと言われている途方にくれています。

    • ruby(るびぃ) ruby(るびぃ) より:

      ナナシさん

      コメントありがとうございます。
      確かに公式サイトでは【ISO12800で写真を撮影】と書かれています。動画については敢えて触れていないように見えますね。

      この機種は僕は所有していないのですが、試しにLUMIXのミラーレス一眼G6とLX100という動画に強い機種で実験してみた所、
      どちらも静止画ではISO25600まで上げることができましたが、動画ではISO3200が限度でした。

      このことから、動画のほうが何らかの理由により高いISO感度を設定できないということはあるかもしれません。

      僕も言われるまで気づきませんでした。ブログ記事の方も修正しておきます。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です