ZenFone5のカメラレビュー!(画質・スペック・機能・性能・動画)

スポーンサーリンク



ASUS ZenFone5 ZE620KLを購入したので、カメラ性能について僕の見解をお話しようと思います。

最初に結論から申し上げると、

ZenFone5のカメラ 結論
  • 静止画・動画共にカメラの性能はかなり高い
  • 動画は手ぶれ補正がバッチリだが、補正によるクロップが思った以上に大きい
  • 超広角レンズは決しておまけ程度ではなく、日中の風景撮影ではめちゃくちゃ使える

というのが僕が感じたZenFone5です。

これから作例や検証などを元に、詳細に触れていきますので購入を検討している方はどうぞご覧ください。

ASUS ZenFone5 ZE620KLのスペック・性能

※スペック表は横に長いため、横スクロールにより参照をお願いします。

機種名最低月額料金
(通話プラン
+端末代)
カメラ総合評価センサー
画素数 
F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能画面サイズSoC
(CPU)
保存容量
MicroSD
対応容量
RAM
(メモリ)
発売日
ASUS
ZenFone5
ZE620KL
3,618円(IIJmio)
3,627円(楽天モバイル)
1200万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
F1.8(広角)
F2.2(超広角)
F2.0(前面)
25mm(広角)
12mm(超広角)
?mm(前面)
光学式(広角)
光学式(超広角)
電子式(前面)
2倍(光学)対応4K30p非対応
6.2型
2246×1080
SnapDragon
636
64GB
MicroSD
256GB対応
6GB
備考SONY
IMX363
1.4μm
カメラ評点8.62点8点8点10点9点10点10点9点5点 カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング

ASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラ特徴

○良いところ
  1. ネット上で叩かれているほど超広角レンズは画質悪くない(日中限定)
  2. 背景ぼかし機能は、シャッターを切る前にボケ量を確認できる
  3. 手振れ補正は超広角レンズもしっかり効く
  4. カメラ設定がかなり細かいところまで調整できる
  5. デフォルトでフルマニュアルモード(Proモード)が使える
×惜しいところ
  1. 防水には非対応(水中撮影できない)
  2. 超広角レンズを用いた動画撮影は、全解像度で30fpsしか選択できない(60fps欲しい)
  3. 条件によっては背景ぼかし機能がうまく動作しない
  4. 背景ぼかしモードは、Huaweiスマホのワイドアパーチャ撮影と異なり、撮影後にボケ量を再調整することができない
  5. 超広角レンズは周辺部の画質が厳しい

カメラスペック的には、先代のZenFone4と同じだったです。

画素数からF値、焦点距離まで同一となっており、手振れ補正だけは公表されている情報からは完全に同一と断言はできませんが、カメラ部分はZenFone4からの移植の可能性が高いと思います。

しかしAIによって適切な画像処理がされている場合、同じカメラでも画質が向上する場合もあるので、まずは実際の写真を見ていただこうと思います。

ASUS ZenFone5 ZE620KL カメラ作例

超広角レンズや背景ぼかし機能(ポートレートモード)を使い、サンプル撮影を行いました。

画質の良し悪しは見る人によって評価が分かれると思うので、まずはご覧頂きたいと思います。

超広角レンズ

周辺画質のサンプル

標準(広角レンズ)

ポートレートモード(背景ぼかしF0.95)使用

【参考:背景ぼかし使わない場合】

写真画質について僕の見解

撮影した日はあいにくの曇り空だったのですが、AIによるコントラスト調整のおかげか、かなり見栄えのいい写真が撮影できたと思います。

逆に気になったこととしては、AIによる認識シーン次第で、色味が大幅に異なる写真が撮れてしまう点があります。

先程の作例を見ていただいて分かる通り、写真によって草木の色味がかなり違います。

シーン認識の精度はかなり高かったので、そこまで問題は無いと思いますが、気になる方はProモードで撮影したほうが安定した写真が撮影できると思います。

ASUS ZenFone5 ZE620KLの動画について

ZenFone5の動画性能はかなり良いです。

AIカメラのおかげか、色味もはっきりと映えますし、手ぶれ補正もかなり良好に動作します。

Huawei P20 liteと比較動画を作ってみましたので、どうぞご覧ください。

ツイッターでの評判

ruby
広角と超広角の比較ですね。同じ場所を撮影しているはずなのに、写る範囲が桁違いなのがよくわかります。

ruby
色乗りは十分ですね。派手めな色が出る印象を受けるので、インスタにも向いていると思います

ruby
背景ぼかしのテストですね。背景ぼかしは処理に失敗すると悲惨な写真(余計なところがボケたりする)になるのですが、ASUS ZenFone5 ZE620KLは比較的上手にボケ処理できているのがわかります。

【まとめ】ASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラレビュー

正直カメラに関してはかなりいい線いっていると思います。

ネット上では超広角カメラはおまけ程度の画質・・・なんて言われていますが、僕が撮影した限りではそうは感じませんでした。

また、背景のボケもかなりうまく処理ができていると思います。ただし、条件によっては背景ボケがうまく機能しない場合も散見されたので、100%の精度ではないことは申し添えておきます。

AIカメラはかなり派手目の調整になるので、ここは好みが分かれるところと思いますが、僕としてはあのくらい派手目の方がいいと思いました。インスタやtwitterにアップするにはちょうどいいですね。

先代のZenFone4と比べ、カメラスペックそのものは据え置きですが、ハードの面では液晶画面がフルHD+の切り欠き(ノッチ)タイプになったことでASUS ZenFone5 ZE620KLの方がカッコいいですし、カメラ以外の部分で進化している点も少なからずあると思います。

さて、ZenFone5はあなたの目にはどう写ったでしょうか。

 

Huawei P20 liteとASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラ比較

2018.07.08
【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です