暗い場所でも明るい写真が撮れるスマホカメラ

スポーンサーリンク



悩める子羊
暗い場所でも明るく撮れるスマホないのかメェェ?

はい、暗くても明るく撮影できるスマホ、ございます!

・・・・と冗談はさておき、今回は暗い場所でも明るく撮影できるスマートフォンのお話をしようと思います。

実は、暗いところでも明るく撮れるスマートフォンはたくさんあるんです。というか、殆どのスマホで明るく撮影することが出来ます。(後述するある設定をすることで)

ただし、きれいな画質で撮影できるという条件も付くならば、そうはいきません。ごく一部の高性能カメラを積んだスマホのみとなります。

今回は暗い場所でも明るく綺麗に撮れるスマートフォンとその理由を紹介していきます。

暗い場所でも明るくきれいな写真を写す方法2つ

基本的な3つの方法
  1. レンズF値の低いスマートフォンを使う
  2. 三脚を使い、ISO感度を低い数値で固定する(マニュアルモード搭載機に限る)

方法① レンズのF値が低いスマホを使う

スマートフォンで暗い場所を明るく写すには、F値が低いスマートフォンが有効です。

F値はスマホのカタログや、公式サイトでも掲載されていない事が多いので、僕が調べたスペック表を御覧ください。

F値は低ければ低いほど暗い場所でも多くの光を集めることが出来、ノイズが少ない写真になるからです。

F値はスマートフォンによって最初から決まっている値となっており、基本的にF値が小さいスマホは高価な機種となります。

方法② マニュアル撮影でISO感度を固定する(搭載機のみ)

マニュアル撮影とは、一眼レフのようにカメラに関わる細かい項目(F値・シャッター速度・露出・絞り・ISO感度など)を任意の設定にすることです。

暗いシーンでの撮影した写真がノイズでザラザラするのは、カメラのISO感度が暗闇では高くなるためなので、意図的にISO感度を下げることで、ノイズの少ない綺麗な写真が撮れるようになります。

ただし、暗い場所で感度を下げたまま撮影する場合、三脚がなければ綺麗に撮影することが出来ません。

シャッタースピードがかなり遅い状態になるので、動きのある被写体の撮影もほぼ不可能です。

暗めの場所で動きのある被写体を撮影するには、やはりF値が低いレンズを搭載したスマホを使う以外にありません。

マニュアル撮影機能を搭載しているスマートフォンは少ないため、後ほど僕の知っている限りでマニュアル撮影可能な機種を紹介します。

暗いところでの撮影に向いているスマートフォンランキング

1位 Samsung Galaxy S9+

SamsungのGalaxyS9PlusのF値はF1.5。一眼レフの高性能単焦点レンズ並みになっています。

もちろん光学式の構成の手振れ補正が搭載されているので、手振れにも強い。

同着1位 Huawei P20 Pro

Huaweiのフラッグシップ機、P20 ProもGalaxyに負けていません。

こちらはF値こそ1.8とやや劣るものの、写真の命ともいえるイメージセンサーが高級コンパクトデジカメ並の高性能タイプを搭載しています。

Galaxyと優劣を付けるのは難しく、同着一位としました。かなりおすすめです。

3位 Huawei Mate10 Pro

Huawei Mate10 ProはトータルでP20Proには劣るものの、F1.6の高性能レンズでiPhoneよりも高画質が期待される機種です。

端末自体も非常に高性能なので、写真も普段使いもオールOKなスマートフォンです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です