ダイソンのコードレス掃除機を買ったら日常の生産効率が上がった

スポーンサーリンク



4月に買ったダイソンコードレス掃除機。

そろそろ使用歴も3ヶ月になるので、ここで一度レビューしたいと思います。

端的に感想を述べると、

  1. ガチで生産性が上がった
  2. 家がいつでも綺麗になった
  3. 部屋が汚れる作業を気軽にできるようになった

という感じです。

良かった点

いつでも使えるのは超快適

有線式掃除機は掃除しよう!って考えてから電源ONになるまで1〜2分かかる。

一方ダイソンはせいぜい15秒。

動き出しに力が要らないって本当に大切だと思います。

コードレス最高

コンセントを気にしなくて良いという時点で掃除が捗ります。

特に我が家はアパートのくせにやたらと広い(100㎡超え)ので絶対にコンセントの位置を移動させながら掃除機をかける事になります。

DIYのときゴミをすぐに吸えるのは超快適。作業が捗る。

最近はDIYにハマっていて、木くずが大量に発生します。

ダイソンだとミニモータヘッドを装着した状態で傍に置いておけるので、ゴミが出たらすぐに吸えます。

性能めっちゃいい

ダイソンはヘッド性能のおかげで性能がいいと言われているようですが、普通に吸引力自体もあると思います。

アタッチメントが超有用

特にミニモーターヘッドってやつですね。

ぶっちゃけメインのフラフィヘッドよりもこっちの使用頻度が高いです。超優秀です。

これでもかっていうくらいゴミボックスにゴミが溜まる

ゴミが吸えているのが目に見えるので、気分的にとても良いです。

悪い点

重い

結構重いです。

女性には結構きついみたいですね。うちの嫁さんはダイソンは2回に1回程度しか使ってくれません。ダイソンが来た今でも有線の掃除機使ってます。

ゴミ捨ての時に散らばる

ゴミを捨てるときに細かいチリのようなゴミが飛び散ります。

きれいにゴミ袋にinするのはほぼ不可能というくらい、盛大に舞います。

なので、ゴミを吐き出したら、必ず周辺に掃除機かけます。これは紙パック式だとありえないですね。

ダイソン最大の不満点です。

スタンド別売り

ダイソンは基本的にスタンドが付属せず、充電スタンドを自宅の壁に穴を開けて設置することを前提とした商品になっています。

賃貸アパートで暮らしている人にとっては、壁穴を空けるのはハードルが高いので、せめてスタンドくらいは付属してほしい。持ち家の人でも壁に穴を開けたくない人はきっといるはず。

ちなみに僕は社外品を購入してスタンド問題を解決しています。

壁に穴を開けたくないならこういうのを買いましょう。

アタッチメントもたくさん収納可能で便利です。

思っていたよりも気にならなかったこと

パイプが長すぎとは感じなかった

ダイソンはアメリカ人向けなので、背の低い日本人には不向きですと誰かが言っていましたが、160cm半ばの僕でも問題ないので、多分気にするほどではありません。

ただ、身長150cmくらいの女性には厳しいかも。長い上に思いですしね。

最強にすると7分くらいしか持たないらしいが、普通の掃除は弱で十分なので、作動時間は気にならない

ダイソンは「強」で使うとあっという間にバッテリーがゼロになると聞いていましたが、僕が購入したV8モデルでは「弱」でも電動のフラフィヘッドとの組み合わせにおいて、ほぼ不足がなかったので、バッテリー問題は気にするほどではないと思いました。

一軒家でも十分対応できると思います。

ダイソンで掃除を時短して有意義に人生を過ごそう

ダイソンを買うと、掃除のための脳のリソースがほとんどゼロになります。

そのくらい、掃除が疲れなくなります。

1日24時間を25時間に増やすことはできないけど、ダイソンのような素晴らしい道具を駆使することで自由時間を3時間から4時間に延ばすことはできるので、みんな買ったらいいと思います。

ちなみに、ダイソンはV10とか出てますけど、V8でなーんにも問題ありません。

また、購入するならアタッチメントがたくさんついているやつを選んだほうが良いです。

なぜならdysonはアタッチメントも含めて総合性能が高い製品だからです(たぶん)

ちなみに僕が買ったのは↓のモデル。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です