アルミテープチューン効果【HA36Sアルトワークス】

スポーンサーリンク



トヨタが特許を取得、公開したアルミテープチューンを愛車のアルトワークスに施工してみました。

アルミテープチューンって一昔前に流行ったコンデンサーチューンや、アーシングなどオカルト技の類だと思っていますが、ローコストでアルトワークスの性能が上がったら嬉しいじゃないですか(笑)

・・・ってことで、まずは結果発表!

アルミテープを貼り付けたら・・・
  1. 直進安定性が良くなった・・・というかハンドルが重くなった
  2. 風切音が少なくなると言われていたけど効果を感じなかった
  3. オーディオ類の音質が上がった・・・・ってことはなかった
  4. エンジン出力が向上した!・・・・ってこともなかった
  5. 空力性能が向上した!・・・かどうかはわからなかった(法定速度までは)

そんなわけでもう少し詳しく語っていきます。

アルミテープを貼った場所

ステアリング下

まずは定番のステアリング下部に貼ってみました。

僕の感覚ではこの位置が最も変化を感じられたポイントで、アルトワークスは比較的ステアフィールが軽い車なのですが、3割増しくらいでハンドル操作が重くなったように感じます。

北海道の凍結路は真冬日だとほぼ氷の上を走っているようなものなので、ステアフィールは非常に重要です。

スリップが怖くて時速50kmしか出せなかった道路で、時速55km出せるようになりました。これはプラシーボではないと思います。

左右のドアミラー下

ドアミラー下はミラーによる風切音が低減されるということだったのですが、正直微妙な感じでした。

効果があるような気もしますが、それよりもロードノイズが大きい車なので、風切音が低減されていたとしても、実質的な変化はないかなーと思います。

タワーバー

アルミテープチューンは樹脂類に貼ったほうが効果があるらしいので、金属製のタワーバーに貼っても効果は全くわかりませんでした。

見た目も悪いので、そのうち剥がしてしまうと思います。

インタークーラーの吸気口

ここも変化を感じることはできませんでした。

アルミテープを張ることで整流効果や空気の流速がアップするのかもしれませんが、エアクリーナーと違って吸気効率の影響がエンジン出力に影響する・・・気がしないですが、どうなのでしょう。

エアクリーナー

HKSスーパーパワーフローにも貼り付けてみました。

変化としては、吸気音が若干ちいさくなった(?)ような気がしますが、多分気のせいです(汗)

パワー感が上がったりすることもなかったと思います。

ヒューズボックス

はい、体感上はまったく意味なかったです。

【まとめ】HA36Sアルトワークスにアルミテープチューンを施した効果とか。

最後にアルトワークス×アルミテープチューンの総評をしてみます。

アルミテープで直進安定性がよくなった?

僕の体感では直進安定性は良くなったと感じました。

変化としてはハンドルが重くなったことで、凍結路でもそれなりにステアフィールがわかりやすくなったと思います。

ステアリング周りの静電気が除去され、直進安定性が増した・・・のかもしれませんが、一方でハンドリングにクイックさが無くなったとも感じます。

じゃじゃ馬感がお好きな方は、ステアリングコラム下にはアルミテープを貼らないほうが良いかもしれません。

オーディオノイズが低減した?

今回の実験ではオーディオについては一切変わらなかったと思います。

春になったらホイールやフェンダー内、前後バンパー内にもテープを追加しようと考えていますので、アルミテープのフルチューン状態まで仕上げれば、変化が出てくるかもしれません。期待しましょう。

空力性能がアップした?

法定速度内で走行する限り、空力に変化はなかったと思います。・・・というか、空力の感じ方がわからないです(笑)

ステアリングコラム下のアルミテープを一番最初に貼ったので、それ以降はアルミテープを追加してもステアフィールは変化がなかったと思います。

エンジン出力(加速力)は向上した?

これもNO・・・だと思います。

エアクリーナーにアルミテープを貼れば吸気効率が良くなり、Powerが上がるという記事を見かけたことがありますが、全然変化を感じませんでした。

エンジン出力の変化は、以前書いた「レギュラー仕様のアルトワークスにハイオクを入れてみた記事」の時の方が、大きな変化を感じました。

アルミテープ効果で燃費は良くなった?

実は、燃費に関しては、遠乗りのみリッター2km近く良くなったと思います。

アルミテープを貼る前は、最高でリッター24kmだったのが、26km走るようになりました。

もしかすると、アルミテープチューンはパワーよりも燃費に好影響を与えるのかもしれませんね。

まとめのまとめ

まぁ・・・こんなもんですよね(笑)

アルミテープチューンは性能向上のためとは考えず、好みのフィーリングに変化させるものと考えると楽しいと思います。

いろいろ試しながらカーライフを楽しめればそれで良いのではないでしょうか。

アルトワークス記事一覧へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です