【納車後3ヶ月レビュー】HA36Sアルトワークスの利便性・居住性能で気づいたこと

スポーンサーリンク



我が家にアルトワークスがやってきてから3ヶ月経ちましたので、愛車の良いところ・悪いところがだいたいわかってきました。

走行性能が良いのは言うまでもありませんが、車としてのユーティリティについては意外と語られていないので、今回はその辺をご紹介できたらと思います。

降雪期はリヤゲートを開けてはいけない?!ルーフに少しでも雪が残っていると・・・

これは流石に設計ミスでしょ!と思ってしまうくらい、僕も最初はびっくりしました。

リアゲートを開ける際にボディと干渉しないようにクリアランスを設けるのが一般的ですが、アルトワークスの場合、このクリアランスがギリギリすぎます。

↑の写真を見てわかるとおり、ゲートとボディの隙間が狭すぎて、ルーフに雪や氷があるとガリガリとボディを削っていきます。

ガリガリガリ!!

と音を立てますので、冬期はルーフの雪や氷を完全に除去しなければ荷室にアクセスできません。

降雪地帯には特に強くお伝えしておきたい点です。

純正レカロのリクライニング(おにぎり)が内側にのみ搭載

僕は昔乗っていた車にもレカロシート(SR-3)を入れており、その時は確か車の外側にリクライニング調整用おにぎりが付いていたと記憶しています。

ワークスは軽規格のため、車両の室内幅が狭いせいか、運転席・助手席ともに内側にのみおにぎりが搭載されています。

特段不便はないのですが、最初は外側にあると思いこんでいて、「あれ?リクライニングできない?!」と焦りました。

電動格納ドアミラーの自動・手動切替がスイッチでON/OFFできないので降雪期に困る

アルトワークスは納車状態では、ドアのロック/アンロックに連動してミラーが格納されるのですが、↑の画像をご覧いただければわかるとおり、オートとマニュアルを切り替えるスイッチがありません。

これは降雪地域に住む人にとっては非常に困る仕様です。

冬期はドアミラーと車体の間に雪が挟まり、場合によっては雪が氷になっているので、ドアミラーが格納される際にガリガリといきます。

調べていくと、隠しコマンドみたいな設定がマニュアルに記載されており、

  1. イグニッションOFF
  2. ドアを閉める
  3. 運転席のドアロックを手動でON/OFFを4回繰り返す
  4. ドアリモコンの解錠スイッチを3回押す
  5. 音がなって切り替え完了

これらの操作を行うことで、オート/マニュアル格納を切り替えることができます。

なぜにこんな形を取ったのか不明ですが、最初からスイッチをつけておいて欲しいところです。

パワーウインドウは運転席のみオートで他はマニュアルのため、たまに困る

アルトワークスはほとんど自分一人しか乗らないため、それほど気にならないですが、アルトワークスのパワーウインドウは運転席以外はウインドウスイッチを押し込んでも自動で開けたり閉めたりできません。

昔の車はたいていこの仕様でしたよね。ちょっと懐かしい。

エアコン吹き出し口とウインカーレバーが近すぎて社外ドリンクホルダーを付けられない

↑の写真の撮り方が悪いですが、アルトワークスはエアコン吹き出し口とウインカーレバーが近いため、ドリンクホルダーを吹き出し口に取り付けようとしても、ウインカーレバーと距離が近すぎて干渉しそうになります。

その状態でレバーを操作すると手がドリンクホルダーにぶつかるため、安全面を考えて僕は使っていません。

アルトワークスはドリンクホルダーが前席に一つしか無いので、ここへの増設が厳しいのはちょっと困ります。

なので僕は代わりにカーメイトのドリンクホルダー増設「DZ412」を使っています。

一応これで前席も2つのドリンクホルダーが確保できますが、インパネとのクリアランスが狭いので、飲み物によってはうまく使えないのでご注意。

↓これ、カッコイイんですが、ワークスの場合は先述した問題点に加え、ドアウインドウ用の曇り止めに使われる吹き出し口が他にないので、それを塞ぐのは安全上よろしくないということで、やはり見送りました。

間欠ワイパーの調整スイッチがないのは、意外と困る

これは有名な話ですが、アルトワークスのワイパースイッチには間欠の時間調整用ツマミがありません。

同じスズキ車のワゴンRの間欠調整つまみ付きワイパーレバーがポン付けできるらしいので、そのうち買ってこようと思います。

ドアポケットが小さすぎて、何を入れればよいか困る

収納スペースがとにかく少ないアルトワークスですが、ドアポケットも非常に小さく、ほとんど何も入りません。

僕はタオルとゴミ袋を入れていますが、もう少しポケットに幅があれば使い勝手はかなり違ってくると思います。

うん、狭い(汗)

バイザーにカードホルダーと鏡が付いていた!

とにかくユーティリティ性能が不足しているアルトワークスですが、これはとてもありがたい点。

僕は男なのでミラーはほとんど使いませんが、奥様や彼女さんを乗せた際には絶対に喜ばれます。

あと、カードホルダーが付いているで、ガソリンスタンドのカードが挟めます。

ちなみに、運転席・助手席の両方とも同じ仕様です。

【納車後3ヶ月レビュー まとめ】HA36Sアルトワークスの利便性能で気づいたこと

アルトワークスに利便性を求めても仕方ないので、あまり細かいことは気にしないようにしましょう。

おお!思っていたよりも普通の車っぽいじゃん!ラッキー!な精神でオケーだと思います。

アルトワークス記事一覧へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です