ハイオクからレギュラーに戻してみた結果【HA36Sアルトワークス】

スポーンサーリンク



先月アルトワークスにハイオクを入れる実験をし、燃費もパワーも落ちる結果・・・。

その後さらにハイオクを給油してみましたが、状況は全く変わらなかったので、レギュラーに戻すことになりました。

こういう検証って、プラシーボ効果による勘違いが起こりやすいので、もう一度レギュラーガソリンで検証してみると、案外想定外の結果になったりするものです。

ってなわけで結果発表!

ハイオクからレギュラーに戻しても何も変わらなかった

もう少しパワー感が戻るかなーと期待していたのですが、レギュラーに戻しても何も変わりませんでした。

ハイオクを入れた時、一番パワーダウンを感じたのは4000回転以上の高回転域だったのですが、そちらも変化は無し。

つまり、ハイオクを入れるとパワーが落ちたと感じたことは、

すべて勘違い

ということがわかりました。

馬力測定とかやれば僅かに違うんでしょうけど、体感できるレベルではないと思います。

まとめ どノーマルのアルトワークスにハイオクを入れても意味はありません

無駄にガソリン代が掛かるだけです。

ちなみに、燃費の方も多分変わってないと思います。良くも悪くもなりませんでした。

 

ECU変更などを行わない限り、ガソリンは、メーカー指定のものを入れるのが、一番良いということが今回の検証でわかりました。

めでたし、めでたし。

アルトワークス記事一覧へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です