一眼レフカメラやミラーレスのサブ機として戦えるカメラを持つスマホ

スポーンサーリンク



一眼レフやミラーレスカメラのサブとして通用するスマートフォンが増えてきました。

最高の画質を求めると大きなイメージセンサーを搭載している大きく重たいカメラを選択せざるを得ませんが、そこまでガチな撮影をするまでもないシーンであれば軽量コンパクトなサブ機で十分という方は多いと思います。

これまでサブ機といえば、SONYのRX100シリーズやリコーのGRシリーズなど、大型センサーを搭載したコンパクトデジカメが主流でした。

しかし、コンパクトデジカメと言えど、一定の画質が担保されたカメラはそこそこの大きさ、重さがあります。

そこで、スマートフォンのカメラでコンパクトデジカメを代替できないか?というのが今回のお題です。

サブ機として必要な画質を見極める

さて、どれだけの画質が確保できればサブ機として満足するのか考えてみます。

一眼系のカメラユーザーは写真の画質にはシビアだと思うので、センサーサイズは最低でも1/2.5インチ以上はほしいところでしょう。

F値は最低でも2.8、センサーサイズが小さめならF1台がいいですね。

カメラの画質はさまざまな要素が複雑に絡み合って決まりますので、断片的なスペックだけでは判断できないですが、一定程度の高スペックは必須だと思います。

センサーサイズが大きいスマホカメラ

画質に最も大きな影響を与えると考えられるのがイメージセンサーのサイズです。

今回docomoから販売となるHuawei P20 Proはセンサーサイズが1/1.7インチと一昔前の高級デジカメと同等のセンサーを搭載しています。

他にも、少し古いですがPanasonicからDMC-CM10という1インチのイメージセンサーを搭載したSIMフリースマホも販売されています。

レンズのF値が小さいスマホカメラ

レンズのF値は小さければ小さいほど撮影の幅が広がるのは周知の事実です。

とはいってもF値の低いレンズは大きく重くなってしまいます。

ところがレンズの大きさはセンサーサイズとある程度連動するため、一眼レフのような巨大なセンサーを搭載しているカメラとスマホや、コンパクトデジカメのように小さいセンサーを積んだカメラでは、同じF値のレンズでもそのサイズが全く異なります。

したがって、センサーサイズが小さいスマートフォンのカメラはF値がかなり小さいものが増えています。

標準的なスマホでF2.2、高額なスマホでF1.8がトレンドとなっていますね。

F値最高峰のスマホカメラ、SamsungのGalaxy S9+は一定の条件が付くものの、F値は1.5です。

また、Huaweiの高級機種もほとんどがF1台とかなり高性能なレンズを搭載しています。

センサーサイズが小さくてもこれだけF値が小さければある程度の背景ボケも期待できますし、暗所の撮影にも強いでしょう。

光学ズームができるスマホカメラ

スマホカメラでもできれば光学ズームは欲しいです。

理由としてはズームできるできないというよりも、パースペクティブ(遠近感)の影響が大きいです。

普通の単眼式スマートフォンカメラはほぼ全て25mm前後の画角なので、引きの構図では役立つものの、物撮りに関しては被写体に歪みが生じます。

僕自信もスマホ(iPhone7Plus)で小さな被写体を撮影する時は必ず2倍ズームを使います。

また、最大撮影倍率も光学ズーム可能なスマホの方が有利な面が多く、迫力のある絵面はズームレンズに敵わないと思います。

現在ズーム最高峰はHuaweiのP20Proで、光学式3倍ズームとなっています。

次いでズーム倍率が高いのがZenFone zoom S(2.3倍)です。

【まとめ】一眼レフカメラやミラーレスのサブ機として戦えるカメラを持つスマホ

2016年のiPhone7Plusの登場以降、スマートフォンのカメラ性能は劇的に向上しています。

デジカメ市場はコンパクトデジカメが衰退しているという事情もありますが、スマホとコンデジの境界線はかなり曖昧になってきたのは間違いないでしょう。

一眼のサブ機としてスマホとコンデジを比べた場合、コンパクトデジカメがスマホカメラに対して有利な点は、光学ズーム倍率と、操作性くらいではないでしょうか。

スマホは最大でも3倍程度のズーム倍率に対し、コンデジは5倍〜20倍、超高倍率タイプであれば50倍ズームが可能なので、用途によってはまだまだスマホはデジカメに敵いません。

しかしながら、一般的な撮影ではそれほど高倍率なズームは使用する機会も少ないため、実用域ではほとんどスマホで事足りるので、デジカメを理由はやはり少ない。

操作性に関しては、シャッターラグ等デジカメにアドバンテージがあり、動きモノの撮影はまだまだデジカメの出番はあると思います。

結局は用途次第となりますが、旅の記録程度であればスマートフォンカメラでも十分役割は果たしてくれそうです。

あわせて読みたい
最強のスマホカメラ比較表



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です