iPhoneXSのカメラで最も注目したい進化点はセンサーサイズの大型化?!

スポーンサーリンク



iPhoneXSはiPhoneXから大きな進化点はなく、iPhoneを愛する方からすれば、結構な肩透かしを喰らったのではないでしょうか。

その大きな理由として、ほぼすべての項目において、iPhoneXから大きな進化が無い点が挙げられます。

一方、カメラ機能については現存のiPhoneXから一つだけ大幅な進化と考えられる文言が公式サイトに記載がありますので、今回はそちらを紹介します。

センサーサイズが大型化?

iPhone XSのカメラセンサーは、より深く、より大きなピクセルを採用しました。

Apple公式HPにはこのように記載されています。

デジタル写真にとってセンサーサイズは写真の画質を極める最も重要な要素です。

iPhoneXSはメインカメラの画素数が1200万画素に据え置かれていながら、ピクセルサイズが大きくなったということは、センサーサイズが大型化した可能性が考えられます。

Huawei P20 Proの1/1.7インチセンサーほどのサイズになっているかはわかりませんが、iPhoneXは1/3インチセンサーと言われていましたから、仮に1/2.3インチに大型化したとすれば、かなりの画質アップが見込まれます。

1/3インチであれだけ高画質だったiPhoneのセンサーですから、少しサイズアップするだけでも相当な進化をとげるかしれません。

また、望遠側のレンズについても同様にセンサーが大型化していれば、トータルでのカメラ性能は大幅に向上したということになるでしょう。

しかし、懸念される要素も多々あります。

センサーサイズが大型化するということは、レンズ設計を見直す必要があります。

iPhoneXSのカメラの画角(焦点距離)が不明であるため、これから述べることは完全なる憶測です。

公式ページを見る限り、レンズスペックはこれまでと全く同様で、広角F1.8、望遠F2.4です。

もしセンサーサイズが大型化した場合、同一のレンズを組み合わせるとこれまでよりも写る範囲が広くなります。

また、イメージサークルをカバーしきれない可能性もあります。その場合は写真の4隅がケラれてしまいます。

焦点距離がこれまで通り28mmなのかどうかで解は全く異なりますが、レンズ外観が一見全く変わらないところを見ると、レンズの変更はないでは、センサーの位置を変更しない限り、この可能性の現実味は薄いかもしれません。

まとめ 結局「より深く、より大きなピクセル」って何?

結局、希望的観測にしかならないですね(笑)

ただ、「より深く」という記載の意味が万一大型化したセンサーの配置変更、つまり端末のより液晶側への移動だとすると、レンズがイメージサークルさえカバーできていれば、本当に大型のセンサーサイズが搭載される可能性も捨てきれないと思います。

最後に・・・

くどいですが、この記事はタラレバづくしの個人的憶測ですから!(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です