K&F Conceptという中国のカメラアクセサリーのメーカーがキてる

スポーンサーリンク



カメラ系ブログのはずなのにマイクラPEのアクセスが3割を占める当ブログ。

そんなブログが最近K&FConceptというメーカーのカメラアクセサリーをレビューし始めました。

理由は簡単、レビュー依頼があったから。

貧乏系ブロガーとしてはカメラ機材を提供してもらって記事を書けるというまたもないチャンスかと思い、二つ返事でOKを出しました。(実際にはもう少し考えたかも)

K&FConceptの先日の動画付きでレビューしたレンズフィルター、そして三脚と続けてレビューしてきましたが、K&FConcept製品は全体的に非常に出来が良く、かつ有名製品と比べるとかなり価格もリーズナブル。

僕自身、今まで安物の三脚やフィルターを使ってきたので、GITZOやManfrottoのような高級品と使用感の比較はできません。あくまで僕の体感上のお話ですが、今回は、K&FConcept製品を特集的なことをしてみようと思います。

え?お金をもらって記事を書いているでしょ?

逆に僕の方から特集していいすか?とお願いしました。(マジです)

品質は一昔前の日本レベルくらいにはなってそう

中国製品って数年前なら本当にクオリティが低いものが多く、おもちゃみたいなレベルだったと思います。

昔、誰かから貰った中国製のiPodもどきが使い始めて数日で壊れたのには、衝撃が走りました。これが、中国製品なのか・・・と。

もちろん今でも蓋を開けたらびっくりするくらい、品質が悪いものもありますよね。

先日もAmazonで中国メーカーGoPro用アクセサリーを買ったら、買ったその日に耐久力不足で壊れるという事件もありました。

で、K&FConceptはどうなのか?というと、僕が実際に使ってみたレンズフィルターも自由雲台の三脚も、クオリティが高く、むしろ日本製の一般的な製品よりも品質がよく、高性能だと感じました。

特に三脚はフルードがしっかり効いているというか、カメラアングルを微調整する際は、操作が気持ちいい感じなんですよね。ヌルっとした滑らか操作が可能なんです。

変態的な表現ですが、実際そんな感じなんです。多分、Manfrottoなどの高級三脚もこういう感触なのだと思います。家電量販店で買える、3〜5000円くらいの三脚とは雲泥の差です。そのくらい、感触が良かったです。

中国製品もここまで来たか・・・と正直思います。

K&FConceptで扱っているアクセサリーを少しご紹介

三脚系

機能てんこ盛りのアルミ製三脚が一番高いモデルで18,000円。

K&F Concept TM2324(公式サイト)

  • 脚が反転可能で収納性良し
  • 一脚に変形可能
  • 中心軸反転可能
  • センターポールが横向きになる機能(俯瞰撮影可能)
  • 耐荷重量8kg

・・・と価格からすると機能はかなり充実しています。

俯瞰撮影機能はライティングさえしっかりやれば本当にインスタに映える(かもしれない)写真が撮影できます。

こういうやつね↓

 

これがManfrottoで似たような俯瞰撮影ができる三脚を探してみると

25,000円くらいはしますし、↑のやつはおそらく、一脚機能が付いてません。

耐荷重量も4kgまでですし。

レンズフィルター系

超高級高性能レンズ、EF-24-70mmF2.8はレンズ系82mmと超巨大フィルターが必要なわけですが、これをKenkoの高性能タイプであるZX プロテクターで買おうとすると、Amazonでも8,943円します。

ちなみにK&FConceptの82mm高性能フィルターは4,860円。安い。

性能は折り紙付きです。

K&FConceptのレンズフィルターをレビューした記事

K&FConcept「Nano-X MRC UV」 両面マルチコート レンズプロテクター 82mm(公式サイト)

カメラマウント系

K&FConceptのネット上の評判を調べてみると、一番評価されているのはマウントアダプターではないかと思いました。

価格はどのアダプターも2000円台と相場よりはやや安めのようですが、Amazonで平均評価☆4以上となっているので、かなり満足度は高めの様子。

電子接点付きの製品は無いようなので、マニュアルフォーカスが基本となりますが、僕のように静物撮影メインであればピーキング機能さえあれば問題はないでしょう。

K&FConcept マウントアダプター(公式サイト)

ストロボ系

ガイドナンバー58のストロボがアンダー1万円で買えてしまいます。

カメラメーカー純正品のガイドナンバー50台は最低2万円以上しますので、価格だけ見れば超絶お買い得。

ただし、ストロボは純正品でなければTTL機能が正常に動作しない場合があるので注意が必要。TTL発光メインで使う人は、ファームアップなどするのであれば、純正品を買っておいたほうが安心。

K&FConcept ストロボ一覧(公式サイト)

 

カメラバッグ系

K&F Concept のカメラバッグはカメラだけを収納するというよりも、パソコンやタブレット、ちょっとした小物類などもある程度収納したい人に作られている印象。

僕が持っているAmazonベーシックのカメラバッグはカメラ以外を入れるスペースはないので、こういうタイプも一つは持っておきたいかも。

K&FConcept カメラバッグ一覧(公式サイト)

まとめ K&FConcept紹介

いかがだったでしょうか。

僕はまだフィルターと三脚しか実際に使っていないので、それ以外のアイテムは憶測で記事を書きました。

凄く性能はいいと思いますが、価格は最強に安い!ということはないので、ある程度の出費は必要です。

三脚であればManfrottoやGITZO並を期待したいところですが、流石に価格から考えても無理があるので、プチ贅沢な選択肢としてのK&FConceptを選択するのが幸せになれる方法かもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です