2018 風景撮影におすすめなスマホの選び方・おすすめ機種

スポーンサーリンク



悩める子羊
風景写真を撮りたいんだけど、デジカメ持ち出すの面倒だからスマホのカメラで済ませたい。どんなスマホ選べばいい?

という人に向けて今回は風景撮影に向いているカメラを持つスマートフォンの選び方やおすすめ機種を紹介します。

風景写真向けのスマホの選び方

①広大な風景を引きの構図でスマホで撮影したい場合

風景写真は一般的に超広角レンズが好まれる傾向にあるので、焦点距離が短いレンズが搭載されたスマホを選ぶと広大な風景写真を一枚のフレームに収めることができます。

スマートフォンのカメラは今でこそデュアルレンズ、トリプルレンズなど複数レンズを搭載し、複数の焦点距離をもつ端末が増えてきましたが、大半は24〜28mmという広角寄りのレンズが搭載されています。

シングルレンズのスマホはほぼ間違いなく24~28mmのレンズが搭載されていますので、良く言えば失敗の少ない、悪く言えば凄みの弱い写真が仕上がります。

最近は超広角レンズを搭載したスマートフォンも登場してきましたので、パースペクティブ(遠近感の)演出の効いた写真を撮影したいのであれば、焦点距離が20mm以下のスマホを選ぶと良いでしょう。

②早朝・夕方などトワイライト時間帯の風景をスマホで撮影したい場合

スマートフォンのカメラは一眼レフやミラーレスと比べてイメージセンサーが小さく、暗い場所での撮影にはかなり弱いです。

具体的には写真にものすごくノイズが乗るという感じですね。

こういったノイズを防ぐためには、ISO感度が上がらないように撮影する必要がありますが、そのために必須なのが光学式手ブレ補正です。

手ブレ補正機能は、スマートフォンならどの機種にも搭載されていますが、大抵の場合、効果薄く、画質に悪影響を与える「デジタル式手ブレ補正」を採用しています。

デジタル式手ブレ補正は以下のような弱点があります。

デジタル式手ブレ補正の弱点
  • 補正過程で映る範囲を狭く切り取ってしまう
  • 補正効果が薄いので、結局手ブレする

よって、手振れをしっかり押さえ、ノイズが少ない写真を撮るためには「光学式手振れ補正」搭載のスマートフォンを選ぶと良いです。

風景写真向けのスマホ おすすめ3選

超広角撮影ができるスマホは2018年現在かなり限られています。

1位 ASUS ZenFone4(無印)

ZenFone4は「超広角」と「広角」のデュアルレンズ搭載スマートフォンです。

上位機種のZenFone4proは「広角」と「望遠」のデュアルレンズなので、お間違え注意。

光学式手振れ補正搭載なので、風景撮影については現行機種で最も適していると思います。

2位 ASUS ZenFone MAX Plus(M1)

廉価ながら超広角レンズを搭載したスマートフォン。

手ブレ補正は残念ながらデジタル式ですが、超広角での撮影は広角や望遠画角と比べると手ブレ補正が無くても手振れしにくいため、超広角用途であればおすすめの一台。

もちろん通常の広角撮影も可能です。

3位 Huawei P20 Pro

超広角レンズは搭載されていませんが、スマホとしては珍しい3倍光学ズームが搭載されています。

しかも望遠レンズ使用時でも光学式手振れ補正が使用できるため、安定した画質を得ることが可能。

背景ぼかし機能を駆使すればメインの被写体を浮き上がらせた写真を撮影できます。

これ以外のスマホのカメラについて比較表を作っているので、F値や写る範囲(焦点距離)も知りたい方は、以下の記事を御覧ください。

スマホのカメラ 比較表

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です