選挙に行かない・興味がない人の人生は豊かにならない(たぶん)

スポーンサーリンク



統一地方選挙の前半戦が終了しましたね。

あなたはきちんと投票に行きましたか?

投票率は相変わらず低迷しているようで、最低記録を更新した自治体もあるみたい。

軒並み60%前後の投票率ということで、僕は本当に危機感を覚えます。

どこの政党に票を入れるか、それは各人の考えによって決めれば良いことだと思うのですが、選挙に行かないということはどういうことでしょう。

選挙というのは、自分が住んでいる国や街をどういう方向に持っていきたいかを決めるものです。

国政選挙の場合は、僕たちが住んでいるこの日本の方向性を決めるものであり、選挙に行かないということは、自分が住んでいる日本のことなんてどうでも良いと表明しているようなものです。

選挙は本来政党の方向性を支持するもの

日本は現在自民党が圧倒的多数を占めています。

現在自民党を支持している層が多いということは、大雑把にいうと、

「強い力を持っている者がより大きな力を持ちやすくする政治」を支持していると同義と言えます。

選挙はマニフェストによって票を入れる先を決める人が多いと思いますが、本質的に大切なのはそこではありません。

どこの政党の人なのか・・・が重要なんです。

マニフェストはあくまで選挙の争点をわかりやすくするための指標に過ぎず、選挙に当選したあとは政党の本来の方針に従って政治家は活動します。

僕は北海道民なので、北海道知事選を例に出すと、今回破れた石川候補はIRに対して明確の反対の意思表明をしていました。JRの赤字路線の存続についてもマニフェストとして掲げていました。

でも、もし当選していたら、マニフェストは一定程度守ったとしても、基本的な路線は自分が属する立憲民主党の方針に従うはずです。

もちろん支持団体との政策協定は結ぶと思うので、自分の支持母体を無視することはないにせよ、基本路線は所属政党に準じるはずです。

同じ理由で今回当選を果たした鈴木候補は自民党の方針に沿った政策を打ち出していくはずです。

JRや脱原発、IR反対などの選挙用のフレーズは、言い方は悪いですが(政治をよくわからない)有権者が票を入れる先を選択するための表向きの指標に過ぎません。

だって、こういう指標がないと一般的な国民は政治になって興味がないですからね。

自民党と立憲民主党の基本的な政策方針はここでは割愛しますが、選挙とは最終的に所属政党の意向に沿って政治が行われるかを決めるものであり、観察すべき部分はマニフェストではないということは有権者は知っておくべき。

さて、ここで話を戻し、一旦内容を整理します。

僕は標題で選挙に行かない人は、自分の人生が豊かにならないと表現しました。

なぜなら、自分たちの人生や働き方は、政権与党がどこになるのかで大きく違いが出るからです。

会社を立ち上げ、東証一部上場を目指す!という人は自由主義を推奨する自民党系の人に入れるべきだし、社会に守られながら一般的なサラリーマンとして生きていきたい人は立憲民主党系の人に入れるべきでしょう。

小さい政府と大きい政府のどちらが良いか、自民系と民主系のどちらを選ぶかで、世の中は想像以上に大きく変わるはずです。

当然、その影響はいち国民である僕たちにも大きな影響を及ぼします。

これほど大事なことなのに、選挙に行かない、興味がないというのは、自分自身がどういう人生を送りたいのか・・・ということすら見えていないということに他ならないと僕は思います。

○○議員が嫌い、○○党は幼稚だ・・・とテレビから受ける表面上の印象操作からは卒業して、自分の求める人生と近いのはどちらの政党・政策方針なのか、自分のアタマで考えることが本当に大切。

自己分析によって自分の望む人生を明確にする。そしてそのために最も考えが近い政党を選挙で選ぼう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です