【レビュー】SoundPEATS P5

スポーンサーリンク



ガルマックスレビュアーになる前に、管理人の猶木さんのレビュー記事を読んで購入したP5、今となってはBOSEのSoundLinkRevolveが主役となってしまったので、出番はラフに使いたいシーンや、テレビに繋いで映画を観たい時に限定されてしまいました。

このサウンドピーツのP5はぶっちゃけ、そんじょそこらの1万円クラスのスピーカー並かそれ以上の音質を持っているので、下手なスピーカーを買うくらいならこちらを選んだほうが幸せになれる可能性は高いと思います。

そんなわけで購入後半年ほど経ちましたし、様々なスピーカーを経験して改めて感じるP5の魅力ってやつをレビューしてみたいと思います。

インドアモードとアウトドアモードを搭載しているので、キャンプなど屋外でも使うならBOSEよりもP5

SoundPEATS P5は低音のパワー感がかなり強いので、室内では迫力ある音楽を奏でてくれるんですが、一方で重低音が強いスピーカーは屋外などある程度の騒音がある場所では重低音が高音域をかき消してしまう感じになります。

特にボーカル入りの曲などは非常に聞きにくくなってしまうので、そんなときのためにSoundPEATS P5にはアウトドアモードが搭載されています。

アウトドアモードにはボタン一つで切り替えることができるのですが、このモードにすることで、重低音が80%OFFくらいになり、屋外でもキレイにボーカルの音が聞こえるようになります。

一応念を押しておくと、屋外でも音量を最大にすればボーカル音声も聞こえますが、キャンプなど周りに他の方がいるようなシーンでは音量はそれほど上げられないと思うので、そういった時にアウトドアモードを使うって感じだと思います。

周りに迷惑を掛けない環境ならインドアモード全開で問題ナッシングです。

僕は10,000円以上するJBLのFLiP3からの乗り換え組

JBLっていうかなり有名なオーディオメーカーがあるのですが、ここで製造しているスピーカーは軒並み超高評価。

僕が普段使っているMacBookProもスピーカーは内蔵ではなく、JBLのPebblesというUSBスピーカーを使っています。USB電源なのに音質はめちゃくちゃいいです。

 

そんな超高評価だったJBLのFLiP3というBluetoothスピーカーを以前使っていたのですが、重低音に関してはSoundPEATS P5の方が強く、僕自身ドンシャリ系の音質のほうが好みだったこともあり、乗り換えた経緯があります。

あちらは当時の価格で10,000円強、P5は7,000円弱で価格は2/3ですが、僕の中ではP5の方が優れていると感じました。あくまで低音重視の選択なので、トータルでの音質はJBLに軍配が上がるかもしれませんが。

ちなみに現在はFLiP3からFLiP4にクラスチェンジしたらしく、さらに低音が強くなったそうです。

テレビに繋いで映画鑑賞したら、映画館並の臨場感になりました

↑この重低音を発射する装置(ウーハー?)が底面に搭載されており、ここからテーブルを揺らすほどの音圧が発生。

「君の名は。」のティアマット彗星のシーンなんかは臨場感凄すぎて鳥肌モノです。

P5をテレビに有線接続をすることでまるで映画館のような臨場感で映像を楽しむことができます。ただし、深夜に集合住宅で使用する場合は、他の部屋に振動が貫通する可能性があるので要注意。

ちなみにruby家は集合住宅ですが、上の階の住民が夜中に洗濯機ガンガン回しているので、問題ありません。

その他細かいことをまとめて掲載

  1. 本体上部はタッチ式の操作部ですが、下手に触るだけで曲送りされたりするので、微妙です。
  2. 本体のボリュームダイヤルは、スマホとの音量連動とは別に、更に細かく音量を調節できます。これとっても便利。
  3. 電源ON時のオープニングと電源OFF時のエンディング音が派手&デカすぎのため、深夜に家族が寝静まっている時は注意が必要です。
  4. IPX4相当の防水なのでお風呂でも使えちゃう

細かいことですが、ボリュームダイヤルはマジで便利です。スマホとの連動だけだと、音量を微小にできないところですが、このダイヤルさえあれば、超絶小さい音量にすることも可能。

オープニングとエンディングの演出は・・・カッコイイけど行き過ぎてる感じです。

【まとめ】SoundPEATSのBluetoothスピーカー P5 レビュー

いろいろと使用感など語ってみましたが、1万円以下のBluetoothスピーカーとしては最強クラスだと思います。

重低音もかなり強い上に、高音もかなりしっかり出力されるため、あらゆるジャンルの音楽で使いやすいスピーカーではないでしょうか。

音だけで言えば、TronsmartのT6はほぼ同等で、あちらは4,000円強で買えますが、アウトドアモードは搭載していないので、汎用性はSoundPEATS P5の方が高いと思います。防水性能もT6にはありません。

室内だけで使うならTronsmartのT6、屋外でもお風呂でも使うならSoundPEATS P5という選択がいいと思います。

Bluetoothスピーカーは人生を豊かにしてくれるアイテムだと思うので、持ってないなら是非買いましょう(笑)

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です