スプラトゥーン2(バージョン3.2.2)でウデマエS+に上げる方法(機材編)

スポーンサーリンク



スプラトゥーン2でウデマエS+まで行けない方に向けて、この記事では少しでもあなたのウデマエ向上に貢献できるよう僕がウデマエS+になり、維持している方法を書いていこうと思います。(Xではないです)

なお、今回はエイム力向上とかそういう話ではなく、ゲーム用の機材をキチンと揃えましょうというお話です。

機材に頼るなんて邪道だ!と思うかもしれませんが、僕の周りのS+勢の方も口を揃えて機材の重要性を説いていたので、S+とはいかずとも、B→AとかA→Sくらいにウデマエが上がるキッカケになるかもしれません。

ゲーミングモニターで被弾率を下げる

いつの間にかやられてたってこと、けっこうありませんか?

実はスプラトゥーンに限らず、ゲームは表示遅延というのものが存在します。

遅延とは、ゲーム機からモニターに映し出す際に生じるラグのことを指し、これによって避けたはずの敵の攻撃を受けてしまったりするわけです。

ちなみに、僕の場合は追加コンテンツ「オクトエキスパンション」の心の中の3号を、居間にあるブラビアの液晶テレビ(2011年製)でプレイしたら60回位勝てなかったのが、AUSUの安いゲーミングモニターでプレイしたら被弾率がめっちゃ下がって3回目で勝利できました。

とにかく液晶の遅延はスプラトゥーンの場合致命的なので、ゲーミングモニターでやることを強くおすすめしますよー。

遅延が1msのモニターで安いやつなら1万円ちょっとで買えます。

Proコントローラーで操作性を向上させ、エイム力を上げる

Nintendo Switchのジョイコンはコンパクトで携帯性は良いですが、小ささにこだわりすぎているため操作性がよくありません。

慣れの問題とおっしゃる方もいると思いますが、特に大人の場合は手が大きいので、コントローラーの大きさはとても大事です。

また、ジョイコンは各ボタンのサイズも小さいため、押し間違いが発生することもあります。

物理的にボタンの大きさと間隔が離れている方が押し間違い率は下がるわけですから、誤操作で打ち取れなかったシーンも成功率がグンと上がるはず。

ヘッドホン・イヤホンはイカニンジャ対策に必須

スプラローラーにイカニンジャを積んでるプレイヤーは1試合に一人は確実にいるじゃないですか。

イカニンジャは移動の飛沫を無効にしますが、移動の音そのものは消せないので、対策にはいわゆるSoundプレイが必要になります。

また、背後からの敵にも音で気づくことができるようになるので、致死率が下がりますし、ヘッドホンであれば右側と左側の音も聞き分けれるようになるので、索敵の際にも重宝します。

まとめスプラトゥーン2(バージョン3.2.2)でウデマエS+に上げる方法

機材ひとつでウデマエに大きく影響する事実は僕自身も最初は認めたくありませんでしたが、使ってみるとやっぱり全然違うんですよね。

ゲーミング液晶とプロコン、ヘッドホンを全部揃えると、安くても2万円くらいはかかってしまいますが、それに見合う価値は確実にあると思います。

スプラトゥーン3種の神器を揃えて、スプラトゥーンをよりエンジョイしていきましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です